パラレルパラダイス

パラレルパラダイス 青年マンガランキング 14位

岡本倫
講談社
BookLive! BookLive! 540円

作品解説

『パラレルパラダイス』(PARALLEL PARADISE) は、岡本倫による日本の漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、2017年16号から連載中。

パラレルパラダイス 出典:Wikipedia

読者レビュー

「パラレルパラダイス(1) (ヤングマガジンコミックス)」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.4
5つ星のうち 4.4(amazonより)

5つ星のうち 5.0

1巻からフルスロットルで頭がおかしい

今作は異世界ファンタンジー?のようです。
これまでの連載作品とは若干毛色が違っており、残酷な悲壮感や人間の異常性は1巻の時点では描写されていません。
しかしその代わりに、作者独特の変態的な台詞やシチュエーションがこれまでに無い程に全開です。
主人公やヒロイン達は、基本的には常識的なキャラクターとして登場するのですが、
この世界の女性は男を前にするだけで「発情」してしまい「欲情の泉」という粘液を股間から噴射します。
(効果音はビュル ビュル ビュル…)
その粘液は麻薬のような効果があるようで、ハイになった主人公は性的な要求をヒロイン達に命令し、
女性にとって恥辱的な言葉を放つシーンが大量にあります。
どの台詞も作者の天才的センスが光っており、ネットニュース等でもそこを中心にクローズアップされていますが、
女の子のそういったシーンを描くにあたってなのか、
かなり絵が上手くなっています。

作者のツイッターか何かで見たのですが、前作が終了してから絵のスクール?に通っていたみたいで、
その成果が如実に現れていますね。
カクカクしていたキャラクターの線が無くなり、かなり奇麗に描かれています。

岡本先生は元々ヤングジャンプで「君は淫らな僕の女王」という不定期連載の漫画の原作をしており、
(作画はクズの本懐の横槍メンゴ先生)
可愛い女の子が登場する変態寄りの漫画はそっちで描いて、
新作は得意のダークファンタジーで来るのかと思っていたので、かなり予想外でした。

主人公の名前は陽太。他の作品にもいなかったけ?と一瞬思ったのですが
耕太、悠太、良太…と何らかのこだわりがあるみたいですね。

1巻の時点では今後どんなテーマで展開していくのかは分かりませんが、色んな意味で先が楽しみな作品です。

投稿者:metabolicman 投稿日:2017年8月7日

5つ星のうち 4.0

妄想全部載せエロマシマシ

現状、頭の中の妄想をあまねく具現化したらこうなったという状態の冒険物語。
先生の有名な過去作はご存知の通り実に重いが、この作品の今後はどうか?
まださわりの部分しか色々と判明していない。
重かったとしても、18禁漫画もたじろぐであろうエロ台詞で頭に入るか分からない。
評価の星一つ減は、主人公に対する嫉妬に由来する。
……こんな異世界に行きたい。

投稿者:24モン 投稿日:2017年8月10日

5つ星のうち 5.0

突き抜けている(勿論良い意味で)

岡本倫先生の新作は流行りの異世界もの。
だがそこはやはり先生、普通じゃなかった。
凄い何というはっちゃけ具合、ここまでのエロ表現まで行くとむしろ清々しい。
今後の展開にも期待です

投稿者:ダッシュ 投稿日:2017年8月6日