進撃の巨人 attack on titan

進撃の巨人 attack on titan 少年マンガランキング 3位

諫山創
講談社
BookLive! BookLive! 453円

作品解説

『進撃の巨人』(しんげきのきょじん、Attack on Titan)は、諫山創による日本の漫画作品。小説・テレビアニメ・映画などのメディアミックス展開が行われている。『別冊少年マガジン』(講談社)2009年10月号(創刊号)から連載中であり、『週刊少年マガジン』(講談社)にも出張読み切りとして特別編が2度掲載されている。

単行本の発行部数は、2017年7月現在累計6000万部を突破している。

圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーバトル漫画。2009年9月9日に講談社の少年マガジン編集部から発行が開始された『別冊少年マガジン』10月号(創刊号)で連載を開始。新人作家の初連載作品であるにもかかわらず2011年には第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞するなど、各方面から高い評価を受けた。

本作の世界観はダーク・ファンタジーの要素が強く、少年漫画としては残酷な描写も多く描かれている(人間達が巨人に襲撃・捕食されるシーンや、身体が損壊するシーンなど)。作者によると、出版サイドからは「人体の断面を描いてはいけない」という程度の表現規制しか受けていないという。

2013年にはテレビアニメ化が発表され、第1期が4月から9月まで各局で放送された。また、2015年には実写映画化された。この他、ライトノベル化やゲーム化も行なわれている。このように本作は2011年ごろより様々なメディアミックス展開が採られているが、作者は「読者に媚びることは、読者を裏切ることと等しい」という考えの下、「舞台などの謎が明かされた時が物語の終わる時」としている。また、2016年にはテレビアニメ第2期の制作が発表され、2017年4月1日から放送が始まった。第2期最終回後のCM内にて、2018年のテレビアニメ第3期の制作が発表された。

進撃の巨人 出典:Wikipedia

読者レビュー

「進撃の巨人 attack on titan」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 3.6
5つ星のうち 3.6(amazonより)

5つ星のうち 3.0

良かったですね。

面白かったです。とても良かったですね。内容が、満足です。重宝しました。

投稿者:Amazon Customer 投稿日:2017年9月17日

5つ星のうち 5.0

良い

娘が読んでいましたが、読みやすかったみたいです。また読みたいと言っていました。

投稿者:Amazon カスタマー 投稿日:2017年8月13日