ゴブリンスレイヤー

ゴブリンスレイヤー 青年マンガランキング 6位

蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊), 黒瀬浩介, 神奈月昇
スクウェア・エニックス
BookLive! BookLive! 307円

読者レビュー

「ゴブリンスレイヤー」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.5
5つ星のうち 4.5(amazonより)

5つ星のうち 5.0

ファンタジーの現実

好き嫌いが分かれそうな話ではある。
無慈悲だし救いがない、勧善懲悪的な気持ち良さはない、ただそこにはファンタジーなりの現実がある。
雑魚を倒して強くなるファンタジーの王道で、雑魚がそんな当たり前のように経験値になんてなってくれるわけもない。
ただの復讐、その先に目覚めてしまっただけなのかもしれないゴブリンスレイヤーのお話。
女の子が酷い目にあったり、容赦の無い話なので苦手な人はやめましょう。
個人的には胸糞感もありつつ、そこから共感になったかなぁ。

投稿者:たしゅみー 投稿日:2017年5月27日

5つ星のうち 5.0

あの場面も生々しく再現されていて・・・

原作小説の雰囲気を忠実に再現しており、作画も小説のイラストに似ています。ゆえに、すごく迫力があります。特に、原作に登場する問題のあの場面が、生々しく再現されていて・・・非常に良かったです。私は感動しましたが、女性や、血生臭い場面が苦手な方には、あまりお勧めできません。

投稿者:ATM-09-RSC 投稿日:2017年5月3日

5つ星のうち 5.0

全く期待せず読み始めましたがいい意味で期待を裏切られた作品

ゴブリン専門の冒険者もいるんじゃない?というコンセプトで作られたこの作品。
全く期待していなかったがいい意味で期待を裏切ってくれました。
すごい面白いです。
コミカライズされてる方はかなり絵がうまく、生理的に嫌悪を抱くようなえげつないシーンもしっかり書いてくれています。
そりゃまあファンタジーって夢や希望だけじゃないよね。
何より主人公が最強に近いけどその強さがチート能力とかじゃなくて過酷な修練と実戦によって培われた実力であるということ。
駆け出し神官にレクチャーするさまはその道のプロって感じが表現されててとても良かった。
ただ個人的な好みとしては名前は欲しかったかな。
この作品では登場人物の固有の名前が出てきません。
まおゆうみたいな感じです。
これはTRPGのキャラなので名前は好きにつけてくれという意図があるからなのですがTRPGの趣味がない僕にとっては名前があったほうが感情移入とかしやすいのでまあこれは好みの問題。さして大した問題ではありません。
正直、予想以上に面白かったので原作のライトノベルにも手を出してみようと思っています。

投稿者:ぐりふく 投稿日:2017年5月27日