ソードアート・オンライン

ソードアート・オンライン ライトノベルランキング 13位

川原礫, abec
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
BookLive! BookLive! 637円

作品解説

『ソードアート・オンライン』(Sword Art Online)は、川原礫によるライトノベル、およびオンライン小説。イラストはabecが担当している。公式略称は「SAO」。

作品中に登場するゲーム『ソードアート・オンライン』の詳細については本項VRMMORPGを参照。

オンライン小説からの商業化

元々は第9回電撃ゲーム小説大賞応募用に2001年秋ごろから2002年春の締め切りまでに執筆された作品。しかし、出来上がった初稿は応募規定枚数を大幅に超過しており、また、どのように文章を削ればいいのかわからなかったため応募を断念。その後、「九里史生」名義で自身のウェブサイトにオンライン小説として掲載された。本編の連載は同年11月から2008年7月まで続き、2005年1月から、最長のエピソードとなった「アリシゼーション」の連載が開始される。この連載の気分転換に書かれた『アクセル・ワールド』が2008年に第15回電撃小説大賞の大賞を受賞。その際、本作を読んだ担当編集者の提案により電撃文庫から商業作品として刊行されることになった。商業化にあたってウェブ版の内容・表現に大幅な加筆修正がなされている。商業化により、著者のウェブサイトに掲載されていた本シリーズは商業化決定以降の連載を除き削除されており、サイト上の「お知らせ」によってその経緯を知ることができる。

評価と受賞

2017年4月25日の第1巻増刷発行分で、原作文庫シリーズの日本国内での累計発行部数は1,300万部を、全世界では2,000万部を突破している。また、電撃文庫史上初となる単巻発行部数100万部を突破した。

2011年発行の『このライトノベルがすごい!2012』では、作品部門ランキングとキャラクター部門総合ランキングで1位を獲得。翌年の『このライトノベルがすごい!2013』においても2位以下に大差を付けて1位の座を堅持し、『このライトノベルがすごい!』刊行史上初の作品部門2連覇を達成した。

メディア展開

『電撃文庫MAGAZINE』2010年9月号(Vol.15)から、作画:中村貯子[注 1]による漫画版と、南十字星によるパロディ4コマ漫画『そーどあーと☆おんらいん。』の連載が開始された。

また、2011年10月2日に行われた「電撃文庫 秋の祭典2011」ではアニメ化とゲーム化が発表され、2012年7月から同年12月までテレビアニメが放送された。同アニメ作品は第12回東京アニメアワードにおいて、テレビ部門優秀作品賞と個人部門原作賞を受賞している。

2012年10月より、「アインクラッド」攻略に焦点を当てて、第1層から順に描いていく新シリーズ『ソードアート・オンライン プログレッシブ』が刊行されている[注 2]。

2013年3月にバンダイナムコからIFの世界を舞台にしたPSP用ゲーム『ソードアート・オンライン インフィニティ・モーメント』が発売。

2014年12月より、時雨沢恵一によるスピンオフの『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』が刊行されている。

2016年6月より、電撃文庫MAGAZINEで渡瀬草一郎によるスピンオフの『ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット』が連載開始。同年11月に単行本化。

2016年8月2日(アメリカ合衆国・サンタモニカ現地時間)、ハリウッドでのテレビドラマ化が決定したことが報じられた。詳細は#テレビドラマを参照。

その他

タイトルの「ソードアート・オンライン」は作中に登場するオンラインゲームの名称であり、作品自体にもゲームと同じくSAOという略称が使われる。作者によれば、自身もプレイした『ウルティマオンライン』や『ラグナロクオンライン』の影響を受けているという。

東日本大震災を受けた電撃文庫のチャリティ企画「電撃スマイル文庫」ではカバーイラストに本作が起用された。

ソードアート・オンライン 出典:Wikipedia

読者レビュー

「ソードアート・オンライン20 ムーン・クレイドル (電撃文庫)」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 2.7
5つ星のうち 2.7(amazonより)

5つ星のうち 1.0

読んでも何もない。

何が書きたかったのか全くわからなかった。
番外編は別の視点から物語を見れるし、普段は焦点があまり当たらないキャラクターの新しい一面が見れるので嫌いではないのですが今回のは本当に何がしたいのかわからなかったです。19と20を読んでもなんの結末もなく終わります。広げた風呂敷を畳まずに終わるのですごく気持ち悪いです。19,20は読まない方がスッキリするでしょう。

投稿者:兪 建雄 投稿日:2017年10月8日

5つ星のうち 3.0

消化不良

既に他の方が記述していますが,事態の収拾が完全につかずに終わってしまっています.次巻で紐解かれるのか新章へ移るのかは定かではありませんが,少し消化不良感が残ります.しかしロニエ&ティーゼ視点で進む本巻は個人的にですが楽しく読ませてもらいました.

投稿者:Nitako 投稿日:2017年9月21日

5つ星のうち 2.0

あとがきで『やや中途半端に』と評していましたが……

19巻に引き続きロニエとティーゼを話の中心に据えつつ、アンダーワールドで発生した殺人事件の謎を追っている。あとがきに作者が『やや中途半端になってしまいました』と書いてあるが、ややどころか何もかもが中途半端で終わってしまった印象しか残っていない。ロニエとティーゼの気持ちは結局宙ぶらりんなままになってしまっている上、殺人事件の(本当の意味での)黒幕は明かされないままに。2巻分も使ってるんだからせめてロニエがキリトに対する淡い思いをどう決着させるのかくらいは書ききって欲しかった。

投稿者:take 投稿日:2017年10月20日

おすすめ

アクセル・ワールド01

アクセル・ワールド01

青年マンガランキング 146位
合鴨ひろゆき, 川原礫, HIMA
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
BOOK☆WALKER BOOK☆WALKER 616円

ソードアート・オンライン プログレッシブ 泡影のバルカローレ

ソードアート・オンライン プログレッシブ 泡影のバルカローレ

少年マンガランキング 149位
川原礫, 三吉汐美, abec
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
Renta! Renta! 626円

アクセル・ワールド/デュラル マギサ・ガーデン08

アクセル・ワールド/デュラル マギサ・ガーデン08

少年マンガランキング 265位
川原礫, 笹倉綾人
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
BOOK☆WALKER BOOK☆WALKER 367円

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVIII ―フォース・スクワッド・ジャム〈中〉―

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVIII ―フォース・スクワッド・ジャム〈中〉―

ライトノベルランキング 355位
時雨沢恵一, 黒星紅白, 川原礫(原案・監修)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
BOOK☆WALKER BOOK☆WALKER 659円