鬼滅の刃

鬼滅の刃 少年マンガランキング 40位

吾峠呼世晴
集英社
BookLive! BookLive! 410円

作品解説

『鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)による日本の漫画作品。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、2016年11号より連載中。第70回(2013年4月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:篠原健太)の佳作を受賞した投稿読切『過狩り狩り』が前身となっている。

敵方である『鬼』については、身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多いが、その一方で不死性をコミカルに描くような側面もある。また、主人公の炭治郎をはじめとする人間たちもシリアスとコメディの両側面が描かれている。

登場人物の名前は創作のほか、「奇抜に見えるが実在する」姓名が多用されている。

ジャンプ公認ツイキャス「スクールオブジャンプ」では、ツイッターにて質問を受け付け、制作側(主にジャンプ編集担当)が配信に出演して返答するという企画が度々行われている。現在、主要登場人物の年齢や裏エピソードなどが発表され、公式設定となっている。

単行本4巻の帯に冨樫義博がコメントを寄せている。また秋本治は本作品のファンであり、単行本5巻帯には描き下ろしイラストを寄稿した。

2017年3月、本作主人公「竈門炭治郎」を名乗る人物から、養護施設への寄付として愛知県豊田市役所に菓子や緑茶飲料が届けられた。

2017年5月9日より14日まで、新宿駅のメトロプロムナードに特別広告が提示された。その際のキャッチフレーズは「これは日本一慈しい(やさしい)鬼退治」など。

鬼滅の刃 出典:Wikipedia