暴君竜を飼いならせ【SS付き電子限定版】

暴君竜を飼いならせ【SS付き電子限定版】 BL小説ランキング 2位

犬飼のの
徳間書店Chara
BookLive! BookLive! 648円

読者レビュー

「暴君竜を飼いならせ【SS付き電子限定版】 (キャラ文庫)」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.3
5つ星のうち 4.3(amazonより)

5つ星のうち 5.0

恐竜図鑑がみたくなる

表紙のイラストが気になって、笠井さんの絵大好きなので買ってみた。絵サイコー、お話も今までにない設定内容でおもしろかった(°▽°)

少しネタバレ
攻めのカイは男前でかっこいいのだけど恐竜の王様だから力でおさえつけるから、始めはこわかったわー
受けの潤は今どきの子だけど器量がよくて、かしこい察しがよくてかわいい

投稿者:Amazon カスタマー 投稿日:2017年4月8日

5つ星のうち 4.0

設定が面白かったです

1人笠井あゆみさんの挿絵祭り開催中で購入。
犬飼さんはファンタジー設定が面白くて好みの作家さん。
今作もちょっとぶっ飛んだ設定でした。
受けがベジタリアンである理由が、攻めへの理解や受容に繋がってて
そのあたりとても上手だなぁと。
ツッコミどころがないわけじゃなかったけど
読後感もよく楽しめました。
暴君はしっかり飼いならされていくんだと思います。
続編が出たら読みたいな。

投稿者:momo 投稿日:2014年11月23日

5つ星のうち 5.0

竜人と人の純愛

『ティラノサウルスの竜人・可畏と、彼の生き餌となった潤のお話です。

最初は無理矢理に潤を犯しまくる可畏ですが、徐々に潤に対する扱いが変化していきます。
読み進めるたびに、少しずつ2人の間に甘い空気が漂っていく感じがよかった。

孤独と憎しみに占められた絶対強者の可畏。
作中にあったように、彼の感情を読み取ることができた潤との出会いは運命的ですね。
可畏を恐れず、彼に温もりを与える潤はまさに天使でありました!』

投稿者:禍腐男狂紳士タッキー 投稿日:2016年8月31日