妹さえいればいい。

妹さえいればいい。 ライトノベルランキング 64位

平坂読, カントク
小学館
BookLive! BookLive! 615円

作品解説

『妹さえいればいい。』(いもうとさえいればいい)は、平坂読による日本のライトノベル。原作のイラストはカントクが担当している。

キャッチコピーは「青春ラブコメの到達点」。略称は「妹さえ」。

妹さえいればいい。 出典:Wikipedia

読者レビュー

「【期間限定!特典版】妹さえいればいい。 8 (ガガガ文庫)」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.8
5つ星のうち 4.8(amazonより)

5つ星のうち 5.0

エロは正義

アニメ化おめでとうございます

投稿者:燗酒 投稿日:2017年10月13日

5つ星のうち 4.0

話が大きく動きそうな予感

引っ張りまくった千尋の正体に関するネタに動きが出て次巻が楽しみですね
おかしなレビューや的外れな批判が気に入らないのはよく分かりますが作中に盛り込み過ぎると印象が良くないです
取り敢えず伊月はち○こもげろ

投稿者:文音 投稿日:2017年10月10日

5つ星のうち 5.0

安定の”いれば”クオリティ 予想を裏切らない進行の遅さがあるが妹千尋の変化と

ラノベ作家をネタにしたラノベ

あまりにも進行が雑なので7巻のレビューを書いていないのを、今気つきました。
7巻の内容を全く思い出せませんが、特に8巻を読む分には問題ない?です

いればの8巻です。このシリーズの特徴ともいえるキャラクターの魅力でひっぱる
クオリティで変わりは無く、アニメ化決定の実話がはさまれていたり、作家は
痔に苦しむとか多分実話なんだろうなぁというのが挟まれていたり、教えていた
新人作家のデビューに心ときめくとかがちりばめられています。
 この巻の置き土産ではないですが、とうとう千尋父から千尋が伊月の「弟」では
なく、容姿端麗、学業優秀、スポーツ万能、料理上手で家事も完璧な「妹」であるのを
ばらしても良い許可を得て、悩む所でしょうか

 良い意味でも悪い意味でも”いれば”クオリティです。ときどきこのシリーズでは
重い話が入るのですが、この巻は、お漏らし編集者とか痔とかライトな話です
# 当の作家としては重い話かもしれませんが。
この巻でも当然のように女子学生京は裸になってますし、そのイラストを
カントクがちゃんと押さえているのが、もうお約束というかすばらしいです。

特典版ではないので特典がどんなだったのかはレビューできませんが
予想通りで、軽い内容になっているこの巻とても良いかと思います。

投稿者:親カッパ 投稿日:2017年10月4日