七つ屋志のぶの宝石匣

七つ屋志のぶの宝石匣 女性マンガランキング 9位

二ノ宮知子
講談社
BookLive! BookLive! 453円

作品解説

『七つ屋 志のぶの宝石匣』(ななつや しのぶのほうせきばこ)は、二ノ宮知子による日本の漫画作品。『Kiss』(講談社)にて2014年1月号から3か月おきのペースで連載されている。単行本は2017年4月現在既刊4巻。タイトルの「七つ屋」は「質屋」を示す隠語。

七つ屋 志のぶの宝石匣 出典:Wikipedia

読者レビュー

「七つ屋志のぶの宝石匣(1) (Kissコミックス)」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.6
5つ星のうち 4.6(amazonより)

5つ星のうち 5.0

初めて

はじめて、のだめの作家さんの漫画を購入。
ストーリーの展開も登場人物も、とても面白い!!
難しい題材を、読み手に難しいなー…と思わせない、その世界観に引き込んで離さない、素敵な作品です。

投稿者:リア 投稿日:2017年10月6日

5つ星のうち 5.0

安定した面白さです

著者の、『のだめ』連載中期の頃からのファンです。

オーバークロックを題材にした連載を始めた時には、「なんでこんなジャンルを!?」と度肝を抜かれたものですが、まさか平行して質屋と宝石鑑定を題材にした作品を連載してくるとは。・・・いやはや、著者の開拓精神には恐れ入るばかりです。
機をてらったジャンルで、トリッキーな作品にしてくるかと思いきや、『のだめ』の頃の作品姿勢そのままなので、特に質屋や宝石に詳しくない方でも、楽しめる作品になっています。
私的には、買って大正解でした。次巻発売が待ち遠しいです♪

投稿者:あんこ~♪ 投稿日:2015年4月17日

5つ星のうち 4.0

相変わらずの「読み心地よさ」

ピアニスト+指揮者、コンピュータのオーバークロッカーと来て、今度は質屋か!
この人の作風の魅力は詳細を極めた取材⇒繊細な作画⇒満載の小ネタに加えて、
一線を越えない賢明な節度。
登場人物の謎めいた散りばめ方も気が利いている。
これもきっとドラマ化されるだろう。

投稿者:島村ジョー 投稿日:2014年11月22日