ドメスティックな彼女

ドメスティックな彼女 少年マンガランキング 8位

流石景
講談社
BookLive! BookLive! 0円

作品解説

『ドメスティックな彼女』(ドメスティックなかのじょ)は、流石景による日本の成人向け漫画作品。

作者の前作『GE〜グッドエンディング〜』に続く2作目である。略称は「ドメカノ」で、タイトルロゴは手書き風の「ドメスティックな彼女」という文字に「DOME×KANO」というローマ字が併記されたものとなっている。

『GE』と同様に現代日本における高校生の恋愛を題材としており、主人公とヒロインの性行為から始まる本作は、高校生同士のセックスや学校教諭の不倫、セックスフレンドなど、少年誌の連載作品にしては「不道徳」な要素を含んでいる。タイトルのドメスティック (domestic) とは英語で「家庭内の」という意味であるが、その語感からドメスティックバイオレンス(家庭内暴力)を扱った作品だと誤解されないよう、作者は念のために「バイオレンスな物語ではない」とのことを単行本第1巻のカバー下で説明している。そういった恋愛の複雑な事情によるシリアスな展開と、顔芸やお笑いコントの如くギャグコメディ的な場面を織り交ぜた作風が特徴である。

単行本では、女性の裸体描写において雑誌では描かれていなかった乳首を追加するなどの修正が施されている。増刊『マガジンSPECIAL』の2014年8月号には番外編が掲載され、第1巻に収録された。第4巻と第8巻には初版限定で袋とじページが設けられ(いずれも電子書籍版は除く)、雑誌では先述の要素が過激すぎて描けない過去話の性行為を描く番外編が、乳首付きで描き下ろされている。単行本12巻の特装版では、後述の書き下ろし小説が、新作1本・書き下ろしイラストを加えた形で小冊子として同封されている。

雑誌限定での掲載とされている特別企画もあり、2016年第48号(10月26日発売)には「ドメスティックな官能小説」と銘打った冬野ひつじ氏による書き下ろし小説が、2016年51号(11月16日発売)と2017年18号(4月5日発売)には袋とじ企画として、それぞれ夏生と瑠衣、夏生と陽菜の2度目の性行為が、袋綴じのかたちで乳首付で書き下ろされ、それぞれ掲載されている。

単行本への収録に際しては、基本的には雑誌掲載順のままとなっているが、第6巻では第55話までの雑誌掲載分(2015年第30号分まで)の後、2015年第36・37合併号(2015年8月5日発売)掲載分の最終3ページ分のエピソードが入り、雑誌の本来の掲載順と一部異なった形で収録されている。

ドメスティックな彼女 出典:Wikipedia

読者レビュー

「ドメスティックな彼女」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 3.7
5つ星のうち 3.7(amazonより)

5つ星のうち 4.0

エロもある

エ口過ぎて袋とじで有名なただの少年誌で連載してるエ口漫画かと思ってたんですが、内容結構ドロドロしてて面白いです

ストーリが強引な展開だけど暇つぶしにはいいかも。もっと強引な展開があれば更に面白くなりそう

投稿者:Amazon カスタマー 投稿日:2017年10月2日

5つ星のうち 4.0

面白いわ

エ口過ぎて袋とじで有名なただの少年誌で連載してるエ口漫画かと思ってたんですが、内容結構ドロドロしてて面白いですわ

投稿者:電子書籍信者アサカ 投稿日:2017年9月13日

5つ星のうち 4.0

強引な展開

ストーリが強引な展開だが暇つぶしにはいいかも。更なる強引な展開を望む。

投稿者:夢二 投稿日:2014年9月3日