おなかにいっぱい、あやかしの種

おなかにいっぱい、あやかしの種 アダルトマンガ(R-18)ランキング 413位

佐藤沙緒理
松文館
BookLive! BookLive! 108円

読者レビュー

「おなかにいっぱい、あやかしの種 9」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.5
5つ星のうち 4.5(amazonより)

5つ星のうち 5.0

犬上くん好きにはいい巻

他のレビューを読んでいると結構根強い人気の犬上くん。
その期待に応えてかあかると犬上くんの合意の上での行為があります。

あかるの本心は分かりかねますが合意ということもあり甘い雰囲気がありますし、最後では犬上くんの念願が達成されました。

以下ネタバレです。
行為に至るまでの経緯としては新任の女教師が暗躍しておりあかるからあやかしを遠ざけるつもりで校舎中を呪ったものの逆にその治療をあかるが引き受けたため単なる迷惑にしかならなかったということから始まります。
その治療の一環がお約束の展開で犬上くんとの行為につながる訳ですね。
ちょっとしか出ていなかったり過去に出てきたあやかしがちょこちょこ出てくるのであやかし好きにも嬉しい展開ですが、個人的に女教師のキレっぷりが好きではないのでもうちょっと大人しくしてくれないかなーと思っています。

犬上くんはあやかしというより獣人なのでケモノ好きの人にもお勧めです。
また犬上くんへのサービスなのかこの巻は最後まであかるとするのは犬上くんだけです。

-余談-
よくよく読んでみると各巻であやかしの豆知識が本人の性格や設定などに生かされていたり所々おお!と感じることがありました。
何故保健医がどうもこうも(元々二人の医者だった)なのかとか過去の巻ではリンが大量のスイーツを平らげる甘党(五神の麒麟は「甘い」という意味がある)とか知っていると面白いです。

投稿者:スタリオン 投稿日:2017年5月27日

5つ星のうち 4.0

舐めて解呪!

文化祭の日、学校の各所に貼られたお札の
呪術で犬上たちあやかしは動けなくなり、
保健室に運び込まれる。
あかるはそれを治そうとリンに相談し、
二人で協力して解呪にあたる…
フルカラー30ページ。

今回はリンに口移しされた妖力であかるが
あやかしたちを舐めて解呪する十七話、
寝込んだ犬上を治す為に一人で彼の家に
お見舞いに行く十八話が収録されています。

特にひどく呪われた鬼一が、あかるに
おしゃぶりで呪いを解いてもらうシーンは、
リンが一緒のせいで余計Hな感じ。

後半の犬上の解呪は、マットでのローション
プレイから「これで犬上君が楽になるなら、
どうぞ…?」とあかるの方から誘い、
献身的な彼女へ複雑な想いを抱きながら
激しくHしています。

Hなだけでなく、あかるや犬上の感情が
窺える面白いエピソードでした。
次回が楽しみです!!

投稿者:赤運太郎 投稿日:2017年7月8日