灰と幻想のグリムガル

灰と幻想のグリムガル ライトノベルランキング 26位

十文字青, 白井鋭利
オーバーラップ
BookLive! BookLive! 650円

作品解説

『灰と幻想のグリムガル』(はいとげんそうのグリムガル)は、十文字青による日本のライトノベル。オーバーラップ文庫により2013年から刊行。イラストは白井鋭利が担当。奥橋睦による漫画版が『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で連載された。2016年1月より3月までテレビアニメが放送された。

灰と幻想のグリムガル 出典:Wikipedia

読者レビュー

「灰と幻想のグリムガル level.11 あの時それぞれの道で夢を見た (オーバーラップ文庫)」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 3.1
5つ星のうち 3.1(amazonより)

5つ星のうち 3.0

私の知っているメリーさんはいなくなりました。

メリーさんは復活しましたよ!何でも知ってますよ!魔法も使いますよ!多分刺されても死にませんよ!人格いっぱいありますよ(多分)

グリムガルの核心に迫っていく伏線になるのかな?これなら復活させない方が良かった…。そうすればユメとかシホルと結ばれるのに…。

投稿者:伊藤さん 投稿日:2017年10月20日

5つ星のうち 4.0

まぁよかったんだか

この先どうするんだろうと、正直不安。ムアコック作品の設定に近づいている分、グリムガルとうまく溶け合うかが鍵になるんだろう。
でも、次巻も買うぞ。

投稿者:太郎冠者 投稿日:2017年7月31日

5つ星のうち 3.0

うーん

うーん、物語は進まないし…ちょいグダったかな?
特に最後のハルヒロ達が遭遇したものの描写は必要あったのだろうか…
NNNを続ければいいというものじゃないと思う

投稿者:Amazon カスタマー 投稿日:2017年8月25日