竜人と運命の対

竜人と運命の対 BL小説ランキング 76位

櫛野ゆい, 高世ナオキ
リブレ
BookLive! BookLive! 993円

読者レビュー

「竜人と運命の対【イラスト入り】 (ビーボーイノベルズ)」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.9
5つ星のうち 4.9(amazonより)

5つ星のうち 5.0

グイグイ引き込まれました!

すごく単純な感想になっちゃいますが、とても面白かったです。ドラマティックとかロマンテックとか、内容を伝えられる言葉を色々考えてみたのですが、やっぱり極々シンプルな「面白かった」という言葉が一番しっくり来るのです。

元々この作者さんは人外ものの第一人者だと私は思っていますが、今回も離れ業を見せてくれました。竜人です!!
もはや獣人系は定番になりつつありますが、まさかの爬虫類系。しかも竜人となってますが、実際はトカゲっぽいのです。表紙をご覧になれば分かると思いますが、かなりインパクトのある見た目です。しかし、ご安心下さい。読み進めるうちに、彼が可愛く思えてくるので。

内容としては、異世界トリップものです。異世界に迷い込んでしまった高校生・陽翔が、砂漠で野垂れ死にしそうになっている所を、キャラバンの用心棒をしているジーンに拾われというお話です。

陽翔は元々普通の高校生なので、当然ジーンに恐怖心を抱きますが、共に旅をするうちに打ち解けていきます。この過程で、読者側もジーンに親近感を持つようになります。…と思います。少なくとも私は、この二人のやりとりが、もう可愛くて可愛くて…!
最初はほのぼのしてますが、進むにつれどんどん甘さを増していくのにも注目して下さい。

ただ甘いだけの話では無く、竜人とその力を悪用しようと狙う国、そして竜人と共に立ち上がる人間の連合軍と、ストーリー自体にドラマ性があり面白かったです。戦闘シーンは、結構な迫力と人間ドラマが楽しめました。

まぁ難しい事は考えず、純粋に楽しんで読むのが一番いい作品だと思います。とりあえず、二人の甘さには悶絶しました(*'▽`*)

投稿者:ひろ 投稿日:2017年7月19日

5つ星のうち 5.0

文句のつけようが無いBLファンタジーの傑作

 初めてこの本の表紙を見た時、今度は爬虫類が相手かよくよくネタが無くなったんだなと思いました。試しに読んでみてびっくり、本当に面白い小説です。主人公の陽翔と竜人ジーンのピュアな愛、仲間たちとの友情、手に汗握る戦闘、濃厚なラブシーン等々、普通の作家だったら消化不良を起こしそうな濃い内容を、たった272ページで無理なくまとめ上げた作者の力量がすごいです。読むそばから情景が映像として頭に浮かび上がる様な文章で映画を一本見終えたみたいな読後感がありました。

投稿者:ねこやなぎ 投稿日:2017年8月8日

5つ星のうち 5.0

櫛野先生ありがとうございます!

物語として、本当に面白かったです。受けの少年陽翔が異世界に紛れてしまって、戸惑い不安のなかで、前向きに強く生きていく。攻めの竜人ジーンの強い優しさ、どこまでも陽翔を想う愛情の深さに、参りました。
最後の二人のあまーいあまーいLOVEシーン、美味しかったです。

投稿者:Amazon カスタマー 投稿日:2017年8月13日