銀魂 モノクロ版

銀魂 モノクロ版 少年マンガランキング 48位

空知英秋
集英社
BookLive! BookLive! 400円

読者レビュー

「銀魂 モノクロ版 70 (ジャンプコミックスDIGITAL)」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 3.4
5つ星のうち 3.4(amazonより)

5つ星のうち 4.0

徳川喜喜が覚悟を示す

空知英秋『銀魂―ぎんたま― 70』(ジャンプコミックス、2017年)は地球存亡のバトルが続く。解放軍は地球侵入を阻むナノマシンウイルスを止めさせるため、開発者の源外を攫う。バトルの連続の中でギャグやシリアスを挟む。新たに鬼兵隊や夜兎が活躍する。
高杉晋助と来島また子の出会いは響く。何が何でも高杉についていくことが納得できるエピソードである。来島また子は武市変平太を先輩と呼ぶが、鬼兵隊での活動歴は変わらない。それでも先輩を立てる謙譲の美徳がある。
徳川喜喜が覚悟を示す。喜喜は最後の将軍・徳川慶喜に因むキャラクターである。史実の慶喜は二心殿の呼び名も定着し、肝心なところでフラフラすると評価が下がっている。ところが、銀魂の喜喜は裏切らない覚悟を見せた。史実以上のキャラクターになった。
同じような例に真選組動乱篇がある。史実の伊東甲子太郎の分裂騒動を下敷きにした話である。ここで登場する伊東鴨太郎は、最後は潔さを見せた。真選組から仲間と認められた。史実を下敷きにしながら、史実以上のドラマを描いている。

投稿者:林田力 投稿日:2017年10月14日

5つ星のうち 4.0

ちょっ笑 おまっ笑 表紙!www

ゴリラはしゃぎすぎ!!この漫画終わるぅーwww
この表紙はやり過ぎwww
荷物が届いて開けたらびっくりしたわ!!
版権元に訴えられなければいいが…www

前巻
ヘドロさんが覚醒してしまったのでどうなることかと思ったら表紙の通り無事ヘヴ○ンゲリオンとして出撃することになりました!
めでたしめでたし!
って……ツッコミきれっかぁぁぁ!!!!笑

相変わらずギャグが盛りだくさんで笑えますが前巻よりかはスタミナ切れしています笑
しかし、この戦いも終盤に近いのか絵に迫力があるシーンがいくつもありました
迫力がありすぎて画風が変わったのか作者が変わったのかと一瞬思いました笑

内容は詳しく書きませんが…
今回は鬼兵隊の回想があり、どうやって設立したかやっとわかります
ちゃんとまた子、万斉、フェミニストの人もでてきます笑

あと
最後らへんから神楽と神威の共同戦線(兄妹喧嘩)があり一緒に敵と戦うんですが、雑なのかふざけているのか真面目にしているのかよくわかりませんでした笑

笑えるとこもあるんですが、最近ずっとごちゃごちゃしていてセリフも多いので正直読むのが疲れて来た笑

投稿者:マヨラー ではない‼ 投稿日:2017年10月7日