ナナとカオル

ナナとカオル 青年マンガランキング 280位

甘詰留太
白泉社
BookLive! BookLive! 565円

作品解説

『ナナとカオル』は、甘詰留太による日本の漫画作品。略称は「ナナカオ」。

「ステップアップSMラブコメディ (STEP UP“SM”LOVE COMEDY)」と銘打っており、「高校生同士のSMプレイ」が本筋の青年向け漫画(SM漫画)だが、直接的な性行為の描写はなく、初々しいピュアな純愛模様も描かれている。橘満子やグラビア等の全裸ヌード・乳首等は描かれるが、千草奈々や館涼子の全裸ヌード・乳首等は決して描かれない(乳輪までは描かれている)。

『ヤングアニマル嵐』(白泉社)2008年No.2より連載が開始。後に同社の『ヤングアニマル』に移籍し2008年No.23より読みきりで掲載され、2009年21号から2016年16号まで連載。

移籍後、『ヤングアニマル嵐』で『ぶらガール』の連載が開始されたが、2010年No.7にて終了し、ナナとカオルの高校3年生の夏休みが描かれた『ナナとカオル Black Label[ブラックレーベル]』が同年No.8から2014年No.5まで連載された。

2012年9月28日発売の、「リニューアル+α版 甘詰留太短編集『きっとすべてがうまくいく』」(ISBN 978-4-592-14430-4)に「ナナとカオル(描きおろしショート)」が掲載されている。

2011年にはアニメ化および実写映画化がなされた。

ナナとカオル 出典:Wikipedia

読者レビュー

「ナナとカオル」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.8
5つ星のうち 4.8(amazonより)

5つ星のうち 5.0

エロいです

中身は、エロい内容にもなっていますが、二人の心情が形となっているので面白いです

投稿者:Amazon カスタマー 投稿日:2017年9月4日

5つ星のうち 5.0

SМの過激さと思春期の恋心

SМという、あまり一般的な漫画として取り上げられない題材を扱ったことに、新鮮さと漫画家さんの才能を感じました。優等生のヒロイン ナナは、家庭問題や学校・受験で、もの凄いストレスを抱えてしまっています。そんなナナの気晴らしになればと、ふとした切欠から幼馴染のカオルとのSМがはじまります。(SМといっても、水着など着衣したままで、今のところ本番行為はありません。) お互いに自分の気持ちに気づかなかったり、正直になれず、引かれ合いながらも普段は触れ合うことも出来ない不器用な2人。SМを通してしか気持ちを確認することが出来ません。SМという過激で特殊な分野に対し、じれったいような、思春期の純情な恋のお話が面白いです。自分とかは、SМって相手を苦しめるだけの行為と思っていたのですが、カオルのナナを思いやる気持ちにSМのイメージがまるで変わりました。コマ割りや吹き出しの位置、言葉の区切り、あからさまな切り貼りの多用など減点要素もありますが、SМという斬新さと刺激と興味、ストーリーの秀逸さにかき消され、熱中して読み進んでしまいます。画力は、もの凄く高いとは言えないですが、女性の艶っぽい表情は美しく、キャラも丁寧に描き分けされ、とても好感が持てます。

投稿者:がんぎょ 投稿日:2014年11月30日

5つ星のうち 5.0

純愛

ナナカオを手に取った理由はジャケ写だった。
表紙の女の子が可愛くて、『少しHな漫画かな?』くらいな気持ちだった。

衝撃的だった。

こんなにも純粋に相手を思い、求められて、自分自身に葛藤し相手に答えたいと思う。
頭と心の体のバランスに悶える。

一人じゃなくあなたがいるからそれができる。

巻数が進むほど、愛の深さや信頼度が増す。
その一方すれ違ったり思い違いをしたり、自分よがりな愛しかたをし、罪悪感がうまれ思い通りにならない。

SMがメインなお話だけど、こんなに人に愛されたいと思う作品には出会ったことがない。

私もナナのように純粋に愛されたい。
必要とされたい。

深く自分の汚いところも全て愛してくれる。

女の子はこの純愛漫画を読んで胸キュンとは違う胸が締め付けられる思いをしてほしい。

余韻がスゴいから気をつけてね(笑)

投稿者:RENママ 投稿日:2014年8月31日