昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中 女性マンガランキング 10位

雲田はるこ
講談社
BookLive! BookLive! 0円

作品解説

『昭和元禄落語心中』(しょうわげんろくらくごしんじゅう)は、雲田はるこによる日本の漫画で『ITAN』(講談社)2010年零号(創刊号)から2016年32号まで連載。第17回2013年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第38回(2014年度)講談社漫画賞一般部門、第21回手塚治虫文化賞新生賞をそれぞれ受賞している。

2014年12月にテレビアニメ化が発表され、まず第1期が2016年1月から3月にかけて放送され、第2期が2017年1月より3月にかけて放送された。

「落語を巡る愛憎劇に高座の巧みな描写を織り交ぜた清新な表現に対して」2017年 第21回手塚治虫文化賞新生賞 を受賞。

昭和元禄落語心中 出典:Wikipedia

読者レビュー

「昭和元禄落語心中」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.3
5つ星のうち 4.3(amazonより)

5つ星のうち 5.0

アニメから入りました

落語のように、内容分かっているのに「噺」に引き込まれ、共感を共有してしまいます。
Kindleで無料で読めてるのが、申し訳ないほどありがたい。

投稿者:Genki 投稿日:2017年3月28日

5つ星のうち 4.0

落語心中初めてでした。

話題の落語心中、初めてでした。
これからの与太郎と八雲師匠、小夏さんと八雲師匠、そして与太郎と小夏さんがとても気になります。
話題になるのもわかる気がします。

投稿者:てる坊 投稿日:2017年2月28日

5つ星のうち 5.0

アニメも漫画も!

アニメ観賞後に読みました。

まんがも、ヤッパリ面白いです。

大人向け!

投稿者:Amazon カスタマー 投稿日:2017年6月15日