スケッチブック

スケッチブック 小箱とたん
マッグガーデン
BookLive! BookLive! 594円

作品解説

『スケッチブック』は、小箱とたんによる日本の4コマ漫画作品。マッグガーデンの雑誌『月刊コミックブレイド』にて2002年4月号(創刊号)から連載を開始、同社のコミック誌が『月刊コミックガーデン』に一本化されてからも途切れることなく継続連載され、現在も連載中である。ブレイド創刊号から継続連載が続く唯一の作品であり、また、現在も連載が続いているものとしては最も古い「萌え4コマ漫画」ともいえる。また、『スケッチブック出張版』として、『コミックブレイドMASAMUNE』にも掲載されていた。普段は4コマ漫画だが、まれにコマ割漫画も掲載されることがある。『スケッチブック 〜full color’s〜』のタイトルで、テレビアニメが2007年10月1日から同年12月24日までテレビ東京系で放送された。

高校に入学した梶原空はどのクラブに入るか迷っていたが、見学に行った美術部に半ば無理やり入部させられてしまう。福岡市を舞台に、個性的な美術部員たちの時にまったり、時にドタバタする日常を描いている。何本かの4コマにわたって展開されるストーリーもあるものの、基本的に1本の4コマ内で完結する。また、本作ではネコなど、数多くの動物が登場し、コマ割漫画ではこのネコ達をメインキャラクターとしたエピソードも存在する。

原作者の小箱が実際に体験した出来事をもとにしたネタも多い。

スケッチブック (漫画) 出典:Wikipedia

読者レビュー

「スケッチブック」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.2
5つ星のうち 4.2(amazonより)

5つ星のうち 5.0

ほんわかした笑い

~ほんわかした雰囲気の4コマ漫画。
高校の美術部を舞台にしてるので、当然美術に関連した話もありますが、どっちかというとそれにかぎらず子供の頃にやった遊びや、誰もが高校時代に部活をしてればやってたようなものを題材にしてて、懐かしかったり、思わずくすっと笑ってしまうようなネタがいっぱいです。
~~
でも逆に今の子供だと分からないものもいっぱいあるのかも…。
なんでもない日常のなかにある楽しさや笑いを思い出させてくれるような漫画です。~

投稿者:ardosa 投稿日:2003年6月3日

5つ星のうち 5.0

四コマ!?

アニメのハーさんの可愛さにやられて、本屋でレンタルしてみました。

この本四コマなんですね^^;
びっくりしました。

かなりおっとりした四コマ漫画です。
あずまんが大王とかがお好きな方には、とても面白く感じると思います。

投稿者:鈴木 達行 投稿日:2010年4月22日

5つ星のうち 5.0

何気なく読んでみたらツボにはいってしまった…

書店でふと私の視界に入ってきたこの1冊の漫画。どんな内容の漫画なんだろうと思い、手にとって最初の数ページをぱらぱらめくってみたら、個人的にツボにはいってしまった。笑いを堪えるのが大変だった。残りのページを読みたくなったので購入することに。家でじっくり読んでみた。良い味出していると思う。私は高校時代美術部員だったのでより一層漫画の内容に興味を持てた。この漫画にでてくる動物は可愛いので個人的に好きだ。

投稿者:cafe0724 投稿日:2007年12月4日