BTOOOM!

BTOOOM! 青年マンガランキング 365位

井上淳哉
新潮社
BookLive! BookLive! 529円

作品解説

『BTOOOM!』(ブトゥーム!)は、井上淳哉による日本の漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ作品。

俗に言う「バトルロイヤル漫画」の一種。派手なアクションの生死を賭けた攻防や、極限状況に陥った登場人物たちの人間性が描かれる。もう1つ特徴としては、主人公を含めた登場人物のほとんどが、過去に何らかの深い事情を抱えており、それらが作中の随所で散見される。

2009年6月19日(29号)から2010年8月27日(39号・最終号)まで、青年漫画誌『週刊コミックバンチ』(新潮社)にて連載された。『週刊コミックバンチ』の休刊に伴い、同社の『月刊コミック@バンチ』に移籍し、2011年1月21日の創刊号より連載中。また『コミック@バンチ』のWEB公式サイトで描き下ろし連載『BTOOOM!〜ANOTHER SIDE EPISODE HIMIKO〜』(ブトゥーム!〜アナザー・サイド・エピソード・ヒミコ〜)が掲載されていた。

作者の井上淳哉は、以前はゲームデザイナーの仕事をしていたという前歴があり、本作もゲームを題材にした内容となっている。極限状態下の人間描写や、生死を賭けたゲームの中での心理戦は本作の見せ場となっている。爆弾を使って対戦するという劇中ゲーム「BTOOOM!」の内容は、ハドソンのアクションゲーム『ボンバーマン』シリーズを想起させるものとなっており、企画も「リアルなボンバーマン」というアイディアから出発している。

表紙カバーはXbox 360やXbox Oneのゲームソフトパッケージがイメージされており、10巻までは緑色の縁取りに、Xbox 360のロゴを模した「DX」のロゴ、「DXBOX720」、11巻から20巻までは緑色の縁取りに、Xbox Oneのロゴを模した「Ω」のロゴ、「DXBOXΩ」の表記、CEROレイティングをもじった「GURO Z」(興味のある人対象)が描かれている。21巻以降は再び装丁のモデルチェンジを予定しているが、これは3つの案の中から読者による投票で決定される。

2012年にテレビアニメ化され、同年10月から12月にかけて放送された。

BTOOOM! 出典:Wikipedia

読者レビュー

「BTOOOM! 24巻 (バンチコミックス)」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 5.0
5つ星のうち 5.0(amazonより)

5つ星のうち 5.0

敵襲そして応戦、三元展開 

 米国軍の放った新たなドローンは島のサーバールームにたどりついたペリエたちの所へも
飛来。応戦する護衛のユリア。坂本が輝夜を救出に行った間に四足ドローンと遭遇してしま
った吉良たちもBIMで撃退を試みるが、強力なレーザーがヒミコに迫る!
ティラノスJ本社でも、飯田ら二人だけで大勢の人質を押さえるのは次第に限界が…。
 一番目を引く戦いはやはり吉良たち、いかに重火器装備の地上用ドローンといえどもボディ
に直接BIMを貼り付けられれば無傷では済まず。とはいえ死角を突いて接近も容易ではなく、
敵さんが「なんとしてもレーザーで真っ二つにしたい!」と変なこだわりを持たなければ死人
が出ていたな…。
 緊迫感ある戦いが続いてはいますが、さすがに飯田たちのところは無理があるかなあ、ろく
な戦闘力もない二人が拳銃とネイルガンで脅しているだけ、飯田が少しは知恵を働かせて
人質たちを制御しようとはするものの、総統様が冷笑するように今回すでに綻びが。
人質にとって最大の脅威であるキラーチップの発動が瞬時に行なえないのはネック。飯田が
いちいちペリエに連絡しなければならず、そのペリエは現在他の作業で超多忙。というか、
この二人こそトイレに行っている暇もないよね(笑)。次巻、遂に飯田と坂本パパを抹殺する
ために美女殺し屋チームが乗り込んでくるようで、そろそろアウトかな?
そして一足先に保護された織田の行く手にはネコミミロボが!
 一応、26巻で完結予定だそうでクライマックス目前。

 22巻で惜しくも退場した眼鏡のトミヨさんでしたがまさかの復活!?(ちょっと違う
実は12人ぐらいいるんじゃないのかこの人(笑)
 
 間に作者のコメントページ、本作にあたって宮古島や沖縄の廃墟へ取材へ行っていた話。

投稿者:愚駄猫 投稿日:2017年9月8日

5つ星のうち 5.0

24巻読んだ感想

面白いんですけど、とうとう24巻・・・いつまでみたいな?他にも敵を出すのみたいな?ヘリを奪うって所までは、話しの内容からしてよかったんですけど、段々とグレードアップしていき、話しが、今ではぶっ飛んでますよねー。軍隊がでてきてるし、わからないキャラだすし( 一一)
しらじらしいシーンもあるしで、自分的には、ちょっと冷めて読んでるところあるかなーって感じです。
でも、面白いと思いますよーv( ̄Д ̄)v イエイ

投稿者:Amazon カスタマー 投稿日:2017年9月8日