背の眼

背の眼 小池ノクト, 道尾秀介
幻冬舎コミックス
BookLive! BookLive! 600円

作品解説

『背の眼』(せのめ)は、道尾秀介による日本のホラー小説、及びそれを原作とする2012年のテレビドラマ。

小説家を目指し、“10年経っても芽が出なかったら諦めよう”と決めていた作者が、10年目に書き上げた初めての長編作品で、第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞した、作者のデビュー作。「真備シリーズ」の1作目。

2008年に小池ノクト作画で漫画化され、『コミックバーズ』(幻冬舎)にて連載された。単行本は全3巻。

2012年に「BS日テレ ドラマ・プレミア 真備庄介霊現象探求所シリーズ 背の眼」としてテレビドラマ化される。

背の眼 出典:Wikipedia