君が主で執事が俺で

君が主で執事が俺で 白猫参謀&皇ハマオ, みなとそふと
KADOKAWA / 角川書店
BookLive! BookLive! 626円

作品解説

『君が主で執事が俺で』(きみがあるじでしつじがおれで)は、みなとそふとより2007年5月25日に発売されたWindows用の18禁恋愛アドベンチャーゲーム。みなとそふとのデビュー作である。通称「きみある」(スタッフ公認)。「きみある」の漢字部分である「君主」、平仮名だけ取った「がでがで」の略称で呼ばれることもある。

2008年1月より関東ローカルでアニメ化された。

シナリオと原画を担当したのは、それぞれ『つよきす』を世に送り出したタカヒロと白猫参謀。共にきゃんでぃそふとから独立しての製作となった。

詳細は「みなとそふと」を参照

ゲーム発売前の2007年3月という早い段階でメディアミックス展開が決定され、その後、2008年1月から3月までテレビアニメが放映された。また、ドラマCDも発売されている。

『つよきす』でも多く見られた、他作品のパロディネタが随所に散りばめられている。

2007年より「月刊コンプエース」(角川書店)で漫画版が連載されている。作者は『つよきす』漫画版を執筆した皇ハマオと、本作の原画・キャラクターデザインを担当した白猫参謀の共同制作となっている。ネーム担当が皇、作画担当が白猫である。

2008年3月27日にみなとすてーしょんからPS2用ソフト『君が主で執事が俺で 〜お仕え日記〜』が発売された。2012年11月29日には、イベントCGとおまけゲームを追加したPSP用ソフト『君が主で執事が俺で 〜お仕え日記〜 ぽーたぶる』が発売された。

君が主で執事が俺で 出典:Wikipedia

読者レビュー

「君が主で執事が俺で」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 5.0
5つ星のうち 5.0(amazonより)

5つ星のうち 5.0

素晴らしい

まずイラストですが、原作の原画家である白猫参謀氏が手がけてるだけあって、申し分がありません。
PCゲームなどですと立ち絵やイベントCGの枚数が多ければ多いほうが嬉しいわけですが、これはいわばそれらの詰め合わせ状態です。
原作プレイ者からしてみれば、あのシーンこのシーンが全て新たに描き下ろされているといっても過言ではありません。

また展開・内容については、つよきすコミック版でお馴染みの皇ハマオ氏が奮闘してくれたのでしょう。
原作をなぞりつつも上手く展開をつなぎ合わせて、原作とはまた違うパラレルワールド的な展開のきみあるが繰り広げられていました。
1巻では、久遠寺家に拾われて本採用になるまでと夢編の話をうまくミックスさせており、ラストは新展開?で締めて、2巻がどうなるのか早くも楽しみです。

原作ファンならいわずもがな、白猫参謀氏の絵を堪能できるという意味でも、非常にオススメな一冊です。

投稿者:daryuu 投稿日:2008年3月27日

5つ星のうち 5.0

絵が全く違和感がない

 原作と同じ感じの絵で全く違和感なく読めます

 未有さんかわいいです

 この作品が好きな人は間違いなく楽しめますね

 全く知らない人でも、普通に楽しめます

投稿者:はかせるオムツ ムーニーマン 投稿日:2010年4月2日