ハートを打ちのめせ!

ハートを打ちのめせ! ジョージ朝倉
祥伝社
BookLive! BookLive! 540円

作品解説

『ハートを打ちのめせ! 』(ハートをうちのめせ!)は、ジョージ朝倉による日本の漫画作品。

2001年から2003年に、『Zipper comic』『FEEL YOUNG増刊 Salada』『FEEL YOUNG』(いずれも祥伝社)に掲載された。同じ中学校に通う中学3年生が、それぞれ織り成す恋愛を描いたオムニバス短編集。作者が「中学生版ロマンポルノを目指し」、傷だらけの青春と体当たりの恋愛を等身大のままに描いた作品。

ハートを打ちのめせ! 出典:Wikipedia

読者レビュー

「ハートを打ちのめせ!」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.5
5つ星のうち 4.5(amazonより)

5つ星のうち 3.0

生々しい…

ホラーかと思ったら思春期の男女の物語だったんですね!
中学生の思春期がこんなに生々しく描かれていましたが、ここまで激しいのはちょっと引きましたね…。それぞれの視点で描かれている作品でしたが正直余り共感出来ませんでした。

投稿者:がじがじ 投稿日:2017年3月21日

5つ星のうち 4.0

感覚を刺激する漫画

話のおもしろさと画のかわいさ・カッコがいいのがジョージ朝倉作品。1話完結で進み、登場人物全員が同じ中学校の同級生。主な登場人物は、外面は優等生で密かに理科教師に好意を寄せる瑠璃、瑠璃のことが好きな野球部の荒井、そして荒井のことが好きがゆえに体を使って彼にせまる根岸の3人。このトライアングルが動くきっかけは根岸で、それに触発されて瑠璃は理科教師に近づこうとします。彼女たちのアクションは痛々しい。けれど、彼女たちがやるしかないと決めてしていることに、これもありだなと応援してしまう。どこか違う感覚の、普通に起こりうる恋愛物語漫画かな。

投稿者: 投稿日:2003年7月5日

5つ星のうち 5.0

衝撃

これを読んだのは、登場人物たちと同じ中3のときだった。
ハッキリ言ってありえねーって思った
田舎でのほほんと過ごしている自分たちよりパンチが効いてる。
恋に全力投球だね。殴り合おうとか言ってみたい。
本当にこれは何度も読んだ

投稿者:タオリー 投稿日:2005年2月26日