魔探偵ロキ

魔探偵ロキ 木下さくら
マッグガーデン
BookLive! BookLive! 540円

作品解説

『魔探偵ロキ』(またんていロキ)は、木下さくら作の漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメ。

『月刊少年ガンガン』に連載され単行本が7巻まで出ている。その後、エニックスお家騒動の影響でマッグガーデンに移籍となり『魔探偵ロキ RAGNAROK』とタイトルを変更し、掲載雑誌も『月刊コミックブレイド』に変更された。また、既刊のガンガンコミックスはマッグガーデンから新装版として全7巻発行された。2004年10月号で完結。また、タイトル変更後にアニメ化もされた。

2009年9月25日よりウェブコミック誌『ブレイドコミックアーカイブ』にて、2010年9月まで第1話からの無料配信が行なわれていた。

2011年8月25日にマッグガーデン・コミック・オンライン「WEBコミックBeat’s」にて第3部にあたる続編『魔探偵ロキRAGNAROK〜新世界の神々〜』が連載された。

物語の節の略称については、以下の通りとする。

魔探偵ロキ:第1部 魔探偵ロキ RAGNAROK:R 魔探偵ロキRAGNAROK〜新世界の神々〜

北欧神話をベースに作られているが、厳密には神話と異なる点も多く(ヘイムダルの目をロキが抉った、フレイヤとウルドがロキのことを愛している、ウドガルドロキとロキが同一人物など)、ストーリーとしては北欧神話自体と直接の関係はない。また、初期から中期にかけては探偵としての物語が主なものとなっているが、後期から徐々に神や神界に関係する話が多くなり、探偵としての物語は減少していく。

魔探偵ロキ 出典:Wikipedia

読者レビュー

「魔探偵ロキ」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 4.8
5つ星のうち 4.8(amazonより)

5つ星のうち 5.0

不思議ミステリィーの世界☆

友達に勧められて読みました。
なんと言ってもイラストの可愛さには惚れ惚れします。
こっちの『魔探偵ロキ』は新装版なのですが、
カバーイラストが本当に可愛くなってますね。
あっ。でもお金が無い方は旧版の方が
すこし安いのでいいかも(笑)。
このお話は北欧神話がベースで、
私的には『魔探偵ロキ』好きなのですが、
北欧神話を読んでしまった方にはお勧めできないですね。
北欧神話を読むのなら『魔探偵ロキ』を読んで
から読んだ方が良いと思います。
『魔探偵ロキ』は『魔探偵ロキRAGNAROK』に
続いていて、本当にこのお話の不思議ミステリィーの世界に
ハマってしまいます☆
ただ、単なる”ファンタジー“をお求めの方には
お勧めしづらいです。

投稿者: 投稿日:2004年12月26日

5つ星のうち 5.0

おすすめです!

これは、北欧神話の神様、ロキが数々のミステリーを解いていく話です。
絵が個性的なので、好き嫌いはあるかもしれませんが、巻を追うごとにさらに可愛くなっているし、メルヘンな画風がストーリーの不思議な雰囲気を引き立てていると思います。キャラクターも全員いい意味でなかなか他の漫画にみられないようないい味だしてます(笑)それに北欧神話を知らない人も、学べるし、知っている人は自分も推理したりと何度も違った見方で楽しめるので、かなりおいしい漫画ではないでしょうか(笑) ぜひ一度読んでみてください。

投稿者:おもしろい 投稿日:2007年9月25日

5つ星のうち 5.0

一人一人のキャラクターが個性的!!

魔探偵ロキ(以下:魔ロキ)に出てくる神々達は個性豊か♪
絵の雰囲気も個人的に好きで、読みやすいです(^^)
とにかく可愛い!!面白い。といったイメージです。
たくさんのキャラクターが居るので、自分の好みのキャラがいると思います。
魔ロキは、北欧神話を元になっているので北欧神話を勉強するとよりいっそう面白くなります。知らなくても、十分楽しめます☆

投稿者:ミライ 投稿日:2003年7月12日