クローバー

クローバー 平川哲弘
秋田書店
BookLive! BookLive! 432円

作品解説

『クローバー』は平川哲弘による日本の漫画作品、及びそれを原作とするテレビドラマ。2007年19号から2015年46号まで『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて連載。単行本は、全43巻。

友情や絆や釣りをテーマに、不良少年たちの熱い青春を描く群像劇である。

クローバー (平川哲弘) 出典:Wikipedia

読者レビュー

「クローバー」のレビュー
総合評価:5つ星のうち 2.5
5つ星のうち 2.5(amazonより)

5つ星のうち 3.0

細部で読ませる点もあるが、話の起伏に乏しい

一話目のトモキのハヤトに対する回想シーンはよく描けていたし、
主要キャラの三人の幼少期や思春期に「悪い奴じゃないのに図らずも周囲から敬遠されてしまう子」な感じはとてもうまいこと書けてると思う。
ただ、肝心のストーリーはハヤトが腕っぷしで解決するという一辺倒に終始しているため、
せっかくの最初にうまく作った設定が活かせていないと感じた。
ただ先述の通り情緒面はなかなか上手く描けているので、
今後、ハヤト以外のキャラクターを活かせれば化けるかもしれないし、
それができなければただの地味なヤンキー漫画に終始してしまうだろう。

投稿者:名無し草 投稿日:2007年8月27日

5つ星のうち 5.0

面白い

週刊少年チャンピオンでもたのしく
よんでいます
面白いとおもいます

投稿者:みやこ 投稿日:2014年7月8日

5つ星のうち 1.0

つまんねぇー!!

別冊チャンピオンでクローズZERO'2を作画しているということで
こちらの作品も読ませていただきました。

絵上手いです
高橋ヒロシや高橋ツトム系の絵柄です。

大まかなストーリーの構成もまぁまぁです。

でも、主人公がいまいちだからつまらん。

目的が無いとか言ってる人もいますが
ヤンキー漫画なんてダラダラするもんです。
ダラダラしてるけどキャラが格好良いから見られるんだと思います。

マジつまんねぇ!六巻まで我慢して読んだけど限界だ!すまん!!

投稿者:エビオ 投稿日:2012年8月17日