テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ ヤマザキマリ
KADOKAWA / エンターブレイン
BookLive! BookLive! 734円

作品解説

『テルマエ・ロマエ』(THERMAE ROMAE)は、ヤマザキマリによる漫画作品。『コミックビーム』(エンターブレイン)にて2008年2月号から2013年4月号まで連載された。当初は不定期連載だったが、2010年4月号から定期連載に移行した。単行本は2013年6月にて最終巻を迎えた。

『コミックビーム』2013年10月号から新シリーズ連載開始と告知されていたが、延期となっている。

古代ローマ時代の浴場と、現代日本の風呂をテーマとしたコメディである。入浴文化という共通のキーワードを軸に、現代日本にタイムスリップした古代ローマ人の浴場設計技師が、日本の風呂文化にカルチャーショックを覚え、大真面目なリアクションを返すことによる笑いを描く。単行本では、各話の間に、風呂に関する歴史資料や、作者の体験が書かれたコラムが掲載されている。題名の「テルマエ・ロマエ」は、ラテン語で「ローマの浴場」の意味。

書店員の選ぶマンガ大賞2010受賞。

第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。

「このマンガがすごい!」2011年版オトコ編2位。全国書店員が選んだおすすめコミック2011、3位入選。

2013年仏アングレーム国際漫画祭(Festival International de la Bande Dessinée d'Angoulême)ノミネート作品。

2013年米アイズナー賞(Will Eisner Comic Industry Awards)アジア部門(Best U.S. Edition of International Material Asia)ノミネート作品。

2012年1月12日よりフジテレビ系「ノイタミナ」枠にてテレビアニメが放送された。

2012年4月28日より、阿部寛・上戸彩主演での映画が公開された。ローマでのロケや、テレビドラマ『ROME[ローマ]』のために作られた広大なセットでの撮影も行われた。2014年4月には、映画第2作が公開された(後述)。

テルマエ・ロマエ 出典:Wikipedia