いいなり!あいぶれーしょん

いいなり!あいぶれーしょん 中嶋ちずな
KADOKAWA / 富士見書房
BookLive! BookLive! 463円

作品解説

『いいなり! あいぶれーしょん』は、中嶋ちずなによる漫画作品。日本の『月刊ドラゴンエイジ』(富士見書房)にて2006年9月号から2010年5月号まで連載された。単行本は全4巻。略称は「あいぶれ」。

掲載誌は少年誌に分類されているがタイトル通り「愛撫」がメインテーマの作品であるだけに、時には成人向け漫画顔負けの過激なシーンも存在する。愛撫と同時に女の子のおしっこシーン、おもらしシーンも非常に多い。但し、直接的な裸体描写等は少なくフェティシズムに訴えかける描写が多い。なお、本作において「おしっこ」には愛液の暗喩も含まれており、作中で両者は同等のものとして描写されている。

こうした表現の過激さや作者の遅筆が原因で、休載となることが多々あることも特徴の一つである。2007年秋から2009年3月まで長期休載状態となった際は、作者が「チャンピオンRED」(秋田書店)において『アリスの100℃C』の連載を始めたことから連載再開の可能性は低いのではないかと噂され、遅筆による落稿や性的表現の自主規制を巡る編集部との対立が原因で事実上の打ち切り状態に追い込まれたのではないかとの説も出ていた。2008年10月に『アリスの100℃C』が完結した後、作者のサイトで本作の連載再開に向けて「準備中」であることが明かされ、2009年2月20日発売の増刊「ドラゴンエイジピュア」Vol.15掲載の予告で再開を告知。「月刊ドラゴンエイジ」5月号より、2年半ぶりに連載が再開された。

いいなり! あいぶれーしょん 出典:Wikipedia