名物!たびてつ友の会

名物!たびてつ友の会 山口よしのぶ
まんがフリーク
BookLive! BookLive! 486円

作品解説

『名物! たびてつ友の会』(めいぶつ たびてつとものかい)は、白泉社『ヤングアニマル』および『ヤングアニマル嵐』に連載された山口よしのぶ作の半フィクション漫画。連載期間は1995年~2000年、単行本全12巻。

鉄道ファンの主人公を軸とした登場人物のドラマを核としながら、各回の旅における列車(および関連する交通機関)や名所、名物を仔細に紹介している。「乗る、撮る、食べる、見る、遊ぶ」(るるぶの誌名の由来に「乗る」と「撮る」を加えたもの)がサブタイトルで、本作品のアドバイザーである松本典久(トラベルライターで鉄道ファン)が監修している。

単行本のあとがきによると、編集部から「鉄っちゃんの恋物語」という企画を打診されたのがはじまりであるらしい。主人公は今で言うイケメンに描かれ、同時に少々おっちょこちょいで、また困っている人を見ると手を差し伸べずにはおれないという「いいひと」として描かれる。鉄道ファンを比較的暖かな目線で描いていることも特徴であり、主人公は辟易されつつも一目置かれている。主人公たちが旅行の最中に連れそっちのけで嬉々として鉄道趣味に没頭し、非鉄である連れにジト目で「…やはり鉄」とつぶやかれるのが一種のお約束となっている。

「主人公を社会人にしてほしい」という編集部からの要請により、連載途中で主人公がすげ替えられており、これを境に第1部(単行本1巻、2巻)と第2部(単行本3巻から11巻まで)に分けられる。連載中に作者の持病の腰痛の悪化で休載を余儀なくされたこともあり、単行本11巻分をもって物語は完結した。また物語完結後も、掲載誌を当時創刊したばかりの『ヤングアニマル嵐』(当時は隔月刊)に移してボーナストラック扱いで連載が継続されており、こちらを第3部(単行本12巻)と呼称することもある。

単行本の外装デザインは、サイズこそ違うが『JTB時刻表』のそれを模しており、表紙写真は本家に負けじと真島満秀写真事務所による写真を採用している。単行本のあとがきによれば、第3部を書いたのは単行本を12巻にそろえたかった(時刻表の1月から12月までが並ぶように)ことも理由の一つであるらしい。

名物!たびてつ友の会 出典:Wikipedia