月に叢雲 花に風

月に叢雲 花に風 津寺里可子
まんがフリーク
BookLive! BookLive! 486円

作品解説

『月に叢雲 花に風』(つきにむらくも はなにかぜ)は、津寺里可子による日本の少女漫画。秋田書店の『プリンセスGOLD』に主に掲載された。

秋田書店発行の主に『プリンセスGOLD』に本編が1992年3号から2001年2月号まで連載された。秋田書店のプリンセスコミックスから全15巻発行、祥伝社から文庫1巻が発行されている。本編のほか、のちに発表された番外編2編と文庫版に掲載された描き下ろしを合わせて全62話。オムニバス形式。妖怪・雨男は作者の創作である。

本編の前段階として、時間にして1000年ほどさかのぼった過去の時点で、龍の一族にとって宿敵である神の鳥ガルーダが叢雲の父・南海龍王の王国を襲撃し、結果王国は滅亡、叢雲の眷属が散り散りになる激しい戦争があったことが、登場人物の口から語られる(作中での描写はない)。

この作品は、本編では若菜の日常をコミカルに描きつつ、妖怪との交流や叢雲との恋愛によって、若菜が少女から大人の女性へ成長していく物語となっている。と同時に、番外編を含んだシリーズ全体では、故郷や眷属、自分の本来の能力など、すべてを失って絶望し生きる意味を見失った叢雲が、守るべきものを得て生きる意味を取り戻し、若菜と出会って自分の「家族」を得るまでが描かれている。

月に叢雲 花に風 出典:Wikipedia