鬼談

鬼談 櫂広海
まんがフリーク
BookLive! BookLive! 486円

作品解説

『鬼談』(きだん)とは、櫂広海作のホラー漫画。1994年にサクラミステリー連載のち、2003年から2007年にかけてあおば出版から単行本が発売。2011年からはタイトルを『鬼談 人形師雨月の百物語』に変更し、ミステリーサラ連載を経てBbmfマガジンからLGAコミックスとして出版。既刊10巻。2015年からは青泉社にて初期シリーズ全8巻が新装版として順次刊行された。

美貌の人形師・北村雨月が、友人の作家・石田豪成とその秘書・斎川杏子と共にこの世に迷える魂を導き、心の闇に巣食う悪霊達を鎮めていくシリーズ。物語は1話完結。幽霊や心霊現象といったオカルト要素は多いものの、本作はそれらを生み出す元とされる「強い思い」や「心に潜む闇」にスポットを当てている。

鬼談 出典:Wikipedia