みがわりアクシデンツ

みがわりアクシデンツ あろひろし
クリーク・アンド・リバー社
BookLive! BookLive! 324円

作品解説

『みがわりアクシデンツ』は、あろひろしによる日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ増刊・ウルトラジャンプ』(集英社)にて1998年4月25日号から1999年1月25日号まで連載された。全10話。単行本は全1巻。

なお、本項では本作の元となった『裏・はたらくおじさん』シリーズについても解説する。

売れない舞台役者・冴内健が、その才能に目を付けた「グローバル=トラブル代理店」社長・御河割ユカによって、アルバイトとして強制的に働かされる物語。同社は「顧客の身代わりとなって様々なトラブルを引き受ける」ことを主な業種としており、冴内はその中でも「土下座師」として何度も危険な目に遭うことになる。

同作者の作品『裏・はたらくおじさん』シリーズが元になっている。商業誌における同シリーズの発表は2話のみだが、作者は同シリーズのアイディアを他にもいくつか考えており、そのうちの一つをふくらませたものが本作につながったという。

同作者の過去作『優&魅衣』の登場人物の一人・剛田業が、グローバル=トラブル代理店の従業員としてゲスト出演している。

みがわりアクシデンツ 出典:Wikipedia