闘翔ボーイ

闘翔ボーイ 竜崎遼児
Benjanet
BookLive! BookLive! 432円

作品解説

『闘翔ボーイ』(とうしょうボーイ)は、竜崎遼児による日本の漫画作品。

週刊少年漫画雑誌『週刊少年サンデー』(小学館)に、1986年45号から1988年27号まで連載された。単行本は小学館:少年サンデーコミックスより全9巻。

主人公・篁大介が、最強の格闘家・海王完二を倒すため、同じく打倒海王を目指す様々な格闘家と戦い、格闘家として成長する姿を描いたスポーツ漫画(格闘技)である。

登場人物の中には、実在の格闘家をモデルにした人物も少なくない。UWFや骨法、極真空手、シュートボクシング、ムエタイなど、当時の格闘技ムーブメントの色が強く現れている。

K-1出現以前に立ち技最強トーナメントを描いたり、アントニオ猪木が実現する以前に円形リングでのファイトを描いたりと、後の格闘技界の出来事を予知したかのような内容もある。

プロレスラー藤波辰爾の必殺技ドラゴン・スリーパー(飛龍裸絞め)は、この漫画をヒントに生まれた技である。

闘翔ボーイ 出典:Wikipedia