がらくた屋まん太

がらくた屋まん太 能田達規
Benjanet
BookLive! BookLive! 432円

作品解説

『がらくた屋まん太』(がらくたやまんた)は『月刊アスキーコミック』(現『コミックビーム』)1992年8月号から1995年9月号まで連載されていたSF作品である。能田達規のデビュー作。全5巻(絶版)。

舞台は20世紀後半から21世紀初頭の東京下町、千田町(架空の町)。主人公のがらくた屋店主・大福まん太らによるドタバタSFコメディー。基本的には一話完結型。サザエさんと同じで登場人物は年をとらない。作者がこの後「週刊少年チャンピオン」で連載する『おまかせ! ピース電器店』の元になっており、設定や登場人物も似ているが、両親が他界している、テロリストとの戦い、四国が独立国家、原発事故など世界観がやや異なる。「月刊アスキーコミック」創刊と同時に連載が開始され廃刊と同時に終了する看板漫画のひとつであった。

がらくた屋まん太 出典:Wikipedia