イタズラなKiss

イタズラなKiss 多田かおる
ミナトプロ/エムズ
BookLive! BookLive! 378円

作品解説

『イタズラなKiss』(イタズラなキッス)は、多田かおるによる日本の少女漫画、またそれを原作としたテレビドラマ・テレビアニメなどの作品群。略称は「イタKiss」「イタキス」。

『別冊マーガレット』(集英社)で1990年6月号から連載開始。当初は短編(全3話)の予定だったが、多田本人の希望と読者からの人気を受け、長期連載となる。1999年3月号まで連載中だったが、多田の急逝により未完となった。単行本は全23巻。累計発行部数は3500万部。

1996年にテレビ朝日でテレビドラマ化された。

2005年には台湾で『惡作劇之吻』のタイトルでテレビドラマ化され、同年度台湾のテレビドラマ年間最高視聴率を記録した。2007年に台湾で続編『惡作劇2吻』が放送され、前作に引き続き主演を務めた林依晨(アリエル・リン)は、台湾版のエミー賞に相当する第43回電視金鐘奨で主演女優賞を受賞した。

2008年4月から同年9月まで中部日本放送およびTBSでテレビアニメが放送された。原作の未完部分を、多田が遺していた構想ノートなどを基に構成し、完結させたストーリーとなっている。

2008年11月27日から同年12月7日まで『舞台版 イタズラなkiss 〜恋の味方の学園伝説〜』のタイトルでシアターサンモールにて舞台化された。

2010年には韓国で『장난스런 KISS 』(イタズラなKISS)のタイトルでテレビドラマ化された。

2013年3月29日から『イタズラなkiss 〜Love in TOKYO』としてオリジナル要素も含めてCS放送・フジテレビTWOにて再ドラマ化されている。

イタズラなKiss 出典:Wikipedia